Bright 英語教育

H30年度 イギリスブライトン大学でTESOL(英語教授法)を履修した公立高校教師が、英語教育について感じたこと・学んだこと、その他諸々を書き綴っていきます。 日本のbrightな英語教育を思い描きながら。

2017-10-04から1日間の記事一覧

水の都、花の都②

前回からの続きです。 ベネチアから高速列車で約二時間、次に訪れたのは「花の都」フィレンツェ。 「街全体が美術館」と称されるフィレンツェには、15世紀ルネサンスの文化的な中心地であった面影が、今でも色濃く残っています。 この街も、どこを歩いても圧…