Bright 英語教育

イギリス大学院でTESOL(英語教授法)を履修した、英語教育とイギリスをこよなく愛する高校教師が、英語教育、英語学習、イギリス留学関係、その他諸々を書き綴っていくブログです。日本のbrightな英語教育を思い描きながら…。

【伝説的ロックバンド】 ビートルズは何がすごいのか

f:id:ToyT810:20200719143752j:plain

 

20世紀最高のロックバンドと称されているビートルズ。

「Love Me Do」,「 A Hard Day's Night」,「 Yesterday」,「Hey, Jude」,「Let It Be」、、、名曲の数々を挙げていくとキリがありません。

 

中学校の英語の授業でビートルズの曲を歌ったという方も多いかと思います。

解散から50年もの月日が経っているにも関わらず、今なお世界中の人々に愛されています。

 

そこで疑問なのが、

ビートルズの魅力とは一体何なのでしょうか。

ビートルズの何が人々を魅了し続けているのでしょうか。

 

今回はビートルズの魅力に改めて迫ってみたいと思います。

 

 ≪ ビートルズの魅力 ≫

 

【ビートルズのここがすごい!①】わずか7年半の活動で世界中を魅了し続けている

f:id:ToyT810:20200719145107j:plain

20代で大ブレイク

ビートルズがレコードデビューしたのは1962年10月5日。

当時ジョン・レノンは21歳、ポール・マッカートニーは20歳、ジョージ・ハリスンは19歳、リンゴ・スターは22歳という若さでした。

グループの解散宣言をした1970年も、まだ全員が20代でした。

 

ビートルズはそのわずか7年半の活動期間で、213曲もの楽曲を生み出し、世界中を魅了していきました。

 

今でも多くの人に影響を与え続けてる

その影響力は活動していた当時に留まらず、今なお引き継がれています。

 

スティーブ・ジョブズもビートルズに大きく影響を受けていた一人でした。

彼が立ち上げた「アップル」は、ビートルズが作った会社である「アップル・コア」に由来している、と言われています。

ビートルズは楽曲で音楽に革命をもたらし、スティーブ・ジョブズはiPodで音楽の聴き方に革命をもたらしました。

ジョブズは、ビートルズの楽曲はiPodには入れず、自宅ではレコードで聴いていたそうです。

彼がビートルズに敬意を表していたことが分かる、面白いエピソードですね。

 

スティーブ・ジョブズの他にも、エルトン・ジョン、ビル・ゲイツなど、多くの著名人にインスピレーションを与えています。

 

ビートルズの楽曲は今なお、年代・人種を越えて聴き継がれています。

20代で活躍したミュージシャンが時代を経ても人気だということは、ビートルズが凄い点の一つでしょう。

 

【ビートルズのここがすごい!②】独自のサウンドを追求し続けた

公式に従わなかった

ビートルズの魅力は「公式に従わなかった」ことにあると言っても過言ではないかもしれません。

 

ジョンとポールは音楽理論をあえて学ぼうとはしませんでした。

 

そうして、定型化された循環コードから逸脱し、独自のサウンドを追求していったことで、斬新な楽曲を次々と生み出していきました。

 

ジョン・レノンは「僕の曲かい、楽譜になったらおしまいさ。楽譜通りに演奏したら、別のものになってしまうんだ。」と語っています。


「考えるな、感じよ」がジョンのスタイルだったと言われています。

 

ビートルズの曲が人々の心を掴むのは、彼らの異端児ぶりと、正統や偏見に捉われない姿勢にあるのかもしれません。

 

ロックの創始者となった

ビートルズはロックの創始者とも言われています。

「自分のことを自分の言葉で語り、自分の思い通りに演奏する」

そういった媚を売らずに自分の気持ちに正直に生きる「ロック」な姿勢が、人々を魅了していきました。

 

特に若者たちは、変わりつつある時代の予兆や、変わるべき自分の将来を感じ、大いに感化されていきました。

 

そうして、ビートルズは時代を映し出す鏡のような存在になっていきました。

 

【ビートルズのここがすごい!③】個性の強い4人が集まり、化学変化を起こした

f:id:ToyT810:20200719144955j:plain

ビートルズの曲の多くは、ジョンとポールというタイプの違う二人が作る天才的作曲に、ジョージとリンゴが独特の変拍子を加えることで、それまでに聴いたことのないような転調の美しさを生み出していきました。

「4人が集まった途端、そこにはカリスマ的な魅力が生まれるんだ。誰も説明のできない魔法のような力がね。」

当時プロデューサーを務めていたジョージ・マーティンはそのように述べています。

 

またジョン・レノンも

Beatlemusic is when we all get together.

「ビートルズミュージックというのは、4人が集まった時に生まれるんだ」

と述べています。

 

個性の強い4人が集まったことで、数多くの傑作を残すことが出来たのでしょう。

 

 

一人では成し遂げられないことも、チームを組むことで可能になる、ということはビジネスの考え方にも影響を与えています。


スティーブ・ジョブズは、

「ビジネスの手本はビートルズだ。彼ら4人はお互いに問題を抱えながらバランスを取り合い、全員が一つになることで、それぞれの活動を合わせた以上に素晴らしい力を発揮した。これが私の理想とするビジネスの在り方だ」

と述べています。

 

チームを組んだことで化学変化が起きたということも、ビートルズの大きな魅力です!

 

f:id:ToyT810:20200719165734j:plain

いかがでしたでしょうか。

公式に縛られないビートルズ、本当にカッコいいですね!!

時代を問わず世界に衝撃を与えるのは、常識に捉われない異端児なのかもしれません。

また、チームを組むことの重要性もビートルズから学ぶことができます。 

 

どんどんエンタメのコンテンツが映像化されていっている今だからこそ、逆に「視覚」に頼らず、「音」のみで勝負して世界を圧巻したビートルズに再注目する価値があるのかもしれません!

 

今回はこちらの書籍を参考にさせていただきました。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 応援ポチ、よろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.bright-english-edu.com