Bright 英語教育

イギリス大学院でTESOL(英語教授法)を履修した、英語教育とイギリスをこよなく愛する高校教師が、英語教育、英語学習、イギリス留学関係、その他諸々を書き綴っていくブログです。日本のbrightな英語教育を思い描きながら…。

東京で美味しいオーストリア料理を食べよう!

f:id:ToyT810:20200315231750j:plain


「ああ、あれ美味しかったよなあ、、、あの味を思い出したい、、。」

 

旅行から帰ってきた後はそんな衝動に駆られることありますよね。


今回は東京で美味しいオーストリア料理が味わえるお店

「カフェ ラントマン」をご紹介します。

 

f:id:ToyT810:20200315221903j:plain


ウィーンで最もエレガントなカフェ”と言われている「カフェ ラントマン」。

 

なんとその海外第一号店が【東京 青山】にあります。

 

【住所】 
東京都港区北青山3-11-7 AOビル4F

【客席数(個室数)】 
66席(+テラス席48席)


【電話番号・FAX番号】
03-3498-2061 / 03-5766-8331


【営業時間】 

<通常時>

11:00~23:00 月~土

11:00~22:00 日祝

 

※ 当面の間は短縮営業となっているようです。
11:30~22:00 月~土

11:30~21:00 日祝

 

f:id:ToyT810:20200315224654j:plain


レストラン内は内装、家具、どこを見ても中世ヨーロッパの雰囲気が抜群で、一気にその世界観に引き込まれます。


今回はランチで訪れ、【サラダor スープ、パン、メイン、ドリンク】のセットメニュ―、そして食後のデザートを頼みました。

 

おすすめのメイン2つとデザートをご紹介します!

おすすめ 1 「リンドグーラッシュ」

f:id:ToyT810:20200315225006j:plain

まずおすすめしたいのがこちら、「リンドグーラッシュ」

ウィーン風のビーフシチューです。赤ワインを使ってじっくり煮込まれた牛肩ロースは、噛まなくても口の中でほどけていきました。

とにかくソースが濃厚で美味しい。

中央ヨーロッパ特有の「パプリカパウダー」で程よいスパイシーさもプラスされています。

口に入れた瞬間、笑顔が広がりました。

 

おすすめ 2  「ヴィナー シュニッツェル」

f:id:ToyT810:20200315230046j:plain

こちらもウィーンの定番料理である「ヴィナー シュニッツェル」、仔牛のカツレツです。

まず目の前に運ばれてきた時の迫力がすさまじい!これぞ本場のシュニッツェル!

最後までサクサクの触感が楽しめます。

また、甘酸っぱいカシスのジャムが合うこと合うこと!

揚げ物なのにさっぱりと頂けます。

おすすめ 3 「ザッハトルテ」

f:id:ToyT810:20200315231750j:plain

そしてデザートはやはりケーキの王様こと「ザッハトルテ」でしょう。

濃厚なチョコレートの味わいが感じられるものの、全くくどくありません。

表面のサクッとした触感を残したチョコレートのコーティングが、良いアクセントになっています。

そしてお隣にあるクリーム。ふわっふわで、甘さ控えめです。

もうこのクリームに埋もれてしまいたい、とさえ思えるほど。

 

東京にいながら、本当に本格的なザッハトルテが食べられます。

 


他にも、オーストリアのゲッサ―ビールが樽生で楽しめたり、目移りしてしまう魅惑のスイーツを豊富に揃えています。

 

f:id:ToyT810:20200715223612j:plain

外にはテラス席もあるため、夏場にビアガーデンのように利用するのもまた乙ですね!

 

www.giraud.co.jp

tabelog.com


日本で本格的なオーストリア料理を堪能できるお店は多くありません。

是非カフェラントマンでオーストリア気分を満喫してみてはいかがでしょうか!?

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.bright-english-edu.com