Bright 英語教育

H30年度 イギリスブライトン大学でTESOL(英語教授法)を履修した公立高校教師が、英語教育について感じたこと・学んだこと、その他諸々を書き綴っていきます。 日本のbrightな英語教育を思い描きながら。

【授業で使える雑談】 当たり前は疑え。

【授業で使える雑談】、第二弾です。

 

生徒に「おおー」と言わせてやりましょ。

 

 

f:id:ToyT810:20200505102224p:plain

 

(黒板に上の図を描いて)

これ、何に見える?

 

 

「三角形が二つ」

「四角形に斜線」

 

じゃあ、三角形が二つに見える人! 四角形に斜線があるように見える人!

 

半々くらいだねー。

 

他に何か意見ある?

 

「ボーリングのスペア!」

 

(一同)「おおー。」

 

それも正解だね!

こんな図でも色々な見方が出来るね。

 

 

じゃあ次。

これ、何当てはめる?頭の中で考えて!

 

 

「 雪が溶けたら(    )になる 」

 

 

何が思いついた?

 

「水」って人! 

 

あ、ほとんどだね!

 

あれ、○○さんは?

 

「・・・春です。」

 

(一同)「おおー!」

 

それも正解だね!!

人の感性によって捉え方違うんだね!

 

 

じゃあ最後。

 

頭の中に「世界地図」思い浮かべて。

 

 

f:id:ToyT810:20200505103404j:plain

 

こんなのが思い浮かんだ?

 

おお、全員だね。

 

じゃあさ、フィリピンとか、マレーシアとか、タイ辺りの地域を何ていう?

 

「東南アジア」

 

そうだね。でも、なんで?日本から見たらただの南じゃん。むしろちょっと西にあるよね。

 

「確かに。」

 

じゃあ、イランとかイラクとか、その辺りは何ていう?

 

「中東」

 

なんで?おもいっきり西にあるじゃん。

 

「・・・確かに。」

 

 

実は、みんなが見慣れている「世界地図」は、日本が真ん中にあるけれども、世界中で知られている世界地図は、

 

f:id:ToyT810:20200505104411j:plain

 

こうなんだ。

18、19世紀にイギリスが世界に大きな影響力をもたらしていたことから、イギリスが中心になっているんだ。

イギリスから見ると、フィリピン、マレーシア、タイは東南( south-east ) だし、イラン、イラクは中東 ( middle-east )になるわけだ。 

だから日本は”極東″なんて言われたりもするんだね。

 

(一同)「おおー!」

 

 

自分はこれが正解だって思っても、実は別の正解があるかもしれない。

自分は当たり前と思っていても、他の人には当たり前じゃないかもしれない。

柔軟に考えていかなきゃいけないんだよなあ。

 

いいか、今日から、当たり前は疑え。