LIFE 日本で味わう異文化

東京にあるfish and chips専門店【蔵前】KANEJIN

こんにちは、タカヒロです。

イギリスに行った人であれば必ず一度は食べるであろう「Fish and Chips」。

イギリスではどこのパブでもだいたい食べられますが、意外と日本では本格的なFish and Chipsは食べられません。

Fish and Chipsを出していても、魚が小さかったり、ちょっとしたおつまみ感覚で提供しているお店が多いですよね。

 

そんな中、東京【蔵前】にFish and Chipsの専門店を発見したので、早速行ってきました!!

 

fish and chips専門店【蔵前】KANEJINの基本情報

 

蔵前にあるKANEJINは、2018年12月にオープンした、ショールームが併設されたFish and Chipsの専門店です。

 

 

 

モデルルームのようなスタイリッシュな空間の中で、本格的なFish and Chipsを頂くことができます!

 

住所

東京都台東区寿3-7-9

アクセス

大江戸線「蔵前駅」徒歩3分
都営浅草線「蔵前駅」徒歩8分

蔵前駅から360m

営業時間

[火~土]
11:00~14:00(L.O)
15:00~20:00(L.O.19:30)

定休日…日・月・祝(不定休)

※新型コロナの影響で変更している可能性があります。

席数

12席(カウンター4席、テーブル4席x2)

 

公式ホームページ

KANEJIN FISH&CHIPS 夜営業始めました。|KANEJIN - バスタブや洗面ボウルなどのサニタリー製品の輸入販売 (kanejin-jp.com)

 

KANEJINのFish and Chips

メニューは超シンプル!

 

Fish and Chipsの一択で勝負しているスタイルが心に刺さります…!!

 

サイズは

【 1P fish +chips ¥650、 2P fish + chips ¥950、 Big fish + chips ¥1200 】

の3種類です。

迷わず「Big fish and Chips ¥1200」をオーダーしました。

こちらが「Big fish and Chips ¥1200」です。

で、でかい…!!

そうです!求めていたのはこのボリューム感…!!このインパクトです!

魚が大きすぎて器に収まりきっていません!

 

イギリスのパブで食べていた光景が蘇りました…。

 

 

食べてみると、衣はサックサク、タラの身はふわっふわです。

店主の食材や揚げ方へのこだわりが伝わってきます…。

こんなに本格的なFish and Chipsを日本でも食べられることに感謝です!

 

そして、またこのタルタルがめちゃくちゃ美味しい。

酸味が程よく、魚の美味しさを引き立ててくれます。

100円で付けられるので、絶対に付けた方が良いです!

 

ドリンクは自家製のレモネード、ジンジャーエールがあります。

割り方も【 ソーダ割 ,  水割り ,  お湯割り 】から選ぶことが出来ます。

今回はレモネードのソーダ割を頂きました。

疑うまでもなく、Fish and Chipsとの相性は抜群です。

お魚のジューシーさをレモネードでリセットして、またお魚のジューシーさを味わって…の無限ループ。

Big サイズのFish and Chipsもペロリでした。

 

パートナーさんは【1P fish +chips ¥650】をオーダーしましたが、少し物足りないくらいと言っていました。

【1P fish +chips ¥650】

 

男性はBig サイズ、女性でも【2P fish + chips ¥950】がいいかもしれません!

 

まとめ

KANEJINさんではイギリスで食べられるような本格的なFish and Chipsが食べられます!

蔵前は東京のブルックリンと呼ばれているほど、おしゃれなカフェが多いです。

KANEJINでランチを取って、カフェ巡りをする休日も素敵ですね!

イギリスを思い出したい方、本格的なFish and Chipsを食べたい方は是非足を運んでみて下さい!

スポンサーリンク

-LIFE, 日本で味わう異文化

© 2021 TAKA's blog