LIFE 教員の働き方

教員を退職すると後悔する?30歳で辞めた僕は一切の後悔なしです。

こんにちは、タカヒロです。

 

教員を辞めたい…。でも教員を退職したら、後悔するだろうか。

 

この記事ではそのような疑問に対し、30歳で公立教員を退職した筆者の経験をもとに答えていきます。

 

この記事の内容

・教員を退職して後悔しているか

・後悔しないためにはどうすればよいか

 

筆者の経歴

・公立中学 正規教諭  6年

・県立高校 正規教諭  2年

・私立大学 非常勤講師 1年目

 

実際に退職をした元公立教員の一つの意見としてお読み頂ければと思います。

 

教員を退職すると後悔する?30歳で辞めた僕は一切の後悔なしです。

この記事を書いている時点で、退職からちょうど2か月です。

退職したことを振り返る機会もありましたが、

 

はっきり言って、

教員を辞めたことには一切後悔していません。

 

僕は【正規教諭から非常勤講師に成り下がる】決断をしました。

大学へチャレンジするには、自分には非常勤のステップを踏むことが必要だと考えたからです。

【ご報告】人生で最大のチャレンジを始めます。

続きを見る

 

また令和の時代、組織に縛られず自由に働く教員がいてもいいじゃないかと考えました。

教員の働き方4.0へ向けて

続きを見る

 

確かに正規教諭を辞めたことで、以下のものを失いました。

・安定感

・不自由ない収入

・権威性、社会的信用

・生徒との深いかかわり

 

しかしその反面、非常勤講師となって得たものがたくさんあります。

以下の通りです。

・自分のやりたいことに使える圧倒的な時間

・自由に働く感覚

・チャレンジ精神

・ワクワク感

 

これらの得たものが自分には非常に大きなもので、人生を確実に面白い方へ動かしているように思えます。

 

確かに、安定も金銭的な余裕も失いました。しかし不思議と今までで一番「生きた心地」はしています。

 

コンフォートゾーンからはみ出し、自分の人生を歩み出した感覚があります。

壮大なアドベンチャーが始まったようなワクワク感でいっぱいです!

 

詳しくはこちらの記事に書いた通りです。

非常勤講師の働き方が気になる方はこちらをご覧ください。

正規教員から非常勤講師になって感じたこと【非常勤の実態を解説】

続きを見る

 

教員として過ごした日々も一切後悔していない

 

では教員として過ごした日々を後悔しているかというと、これも一切後悔していません。

むしろ20代での経験が、今の自分を作ってくれたと思えます。

振り返ってみると、20代は「自分は何が得意なのか」「将来何のスペシャリストになっていきたいのか」を探る期間だったのだと思えます。

 

もともと、20代は教育現場でがむしゃらにでも働き続けようと心に決めていました。

中学校に勤務していた頃は【残業月120時間 + 土日は部活で終了】という日々でした。

僕だけが特殊だったわけではなく、周りの先生方も同じように、言葉通り必死に働いていたので、僕も頑張らねば!と思って勤めていました。

 

高校で勤務していた頃も、サッカー部の副顧問をしていたため土日は部活三昧でした。

プライベートの時間が上手く取れず、イライラいていた時期もかなりありました。

正直働き方は散々でしたが、周りの先生方からたくさんのことを教えてもらえ、成長させてもらいました。

 

20代を必死に働いて駆け抜けたことが自分の糧になっているように思います。

 

その中で、僕の場合は「英語教育で一本通してやっていきたい」と思えるようになりました。

 

学校現場で奮闘する日々も、教員でしか経験できないことであり、一切無駄にはなりません!

必死に働く中で、自分がどういった方向に進んで行きたいのか、どういった暮らしをしていきたいのかが見えてくるのだと思います。

 

後悔しないためにどうすればよいか

 

では本気で教員を退職することを考え出した場合、後悔しないためにはどうすればよいのでしょうか。

 

以下のようなステップが必要になると思います。

 

①どんな違う道があり得るのか、情報を集める!

②方向性が決まったら、働きながらスキルを身に付ける!

③辞めたいと思った時の年度末に、スパッと辞める!

 

このステップを飛び越えて、準備なしに辞めてしまうことはおすすめしません…。

 

どんな違う道があり得るのか、情報を集める

 

まずは何よりも情報を集めましょう。

学校で勤務していると、学校外のことが見えづらく、周囲の教員の価値観に左右されがちになります。

 

一度しっかりと自分を外へ出して、自分の市場価値を図ってみることはとても重要です。

転職のためのエージェントはたくさんあります。

たくさんの選択肢を検討し、その上で自分がどういった道を進んで行きたいのかを考えていきましょう。

 

 

転職活動をしたうえで「やっぱり教員を続けよう!」という結論に至っても、その行動を起こしたことに価値があり、その後の働き方にも影響してくるはずです。

 

僕の場合は、大学へ8つエントリーシートを送り、7校からお祈りメール、1校から面接選考への知らせが届きました。

常勤ポジションは全滅。非常勤講師でやっと一校から良い返事がもらえました。

とりあえず履歴書を送ってみたことで、

「あ、今の自分では大学常勤は受からず、非常勤になるしか大学へ行くチャンスはないな」と自分の市場価値を図ることが出来ました。

 

 

方向性が決まったら、働きながらスキルを身に付ける

 

進みたい方向性が決まったら、働きながら必要なスキルを身に付けることを考えましょう。

いきなり辞めず、水面下でスキルを身に付け始めておくことが重要です。

今はオンラインで学習できる教材・講座も増えました。

 

プログラミング系であればテックキャンプ

 

英語系であれば【PROGRIT】スタディサプリEnglish





 

いくらでもオンラインで学習し直す機会を得ることが出来ます。

忙しい合間を縫ってでも、自分の人生のことを考えて、転職に生きるスキルを身に付けていきましょう。

 

僕の場合は、一年間休職をしてイギリス大学院でMA TESOLを修得したことが退職をする上での最大の武器になりました。

MA TESOLが修得出来なければ、大学で勤めることはほぼ不可能ですから、退職を考えることは出来なかったように思います。

 

教諭でいるうちに、その待遇の良さを生かしてスキルを身に付けましょう!

退職しても食べていくに困らない後ろ盾は必要だと思います。

 

 

辞めたいと思った時の年度末に、スパッと辞める!

 

退職の意思が固まり、必要な最低限のスキルも身に付いたのであれば、自分が辞めたいと思った時の年度末にスパッと辞めましょう。

10月までであれば、次年度の人事異動が動き出す前なので話が通りやすいです。

早めに校長先生の元へ相談に行きましょう。

 

正直、そこで周りを気にしていたらキリがありません。

自分の選択には責任を持つ必要がありますが、その分タイミングも自分で決めるべきです。

ズルズルしてしまうと自分が退職のタイミングを逃すことになってしまいます。

真剣に考えた上で辞める結論を出したのであれば、周りに口出しされる筋合いはありません。

口出しをしてくる周囲の人が、自分の人生を保証してくれるわけではありませんからね。

 

僕は二年担任をしていた年度末に退職しました。

三年担任が自動的に決まっていた中だったので「もう一年やればキリがいいのに…?」と多くの先生から声を掛けられました。

それでも自分が辞めたいタイミングはその時の年度末だったので、辞める決断をしました。

 

実際に6月頃、校長先生の元へ相談に行ったことで全てが動き出しました。

 

ちょうど去年の今頃に退職を決意して、今年は全く違う道を歩み出しました!

 

・本当に退職をする意思が決まっている

・必要な最低限のスキルを身に付けている

のであれば、ズルズルせずに大胆に行動をしましょう。

 

さいごに

職業は教員だけではありませんし、いくらでも転職は可能です。

転職してみて、やっぱり教員が自分には合っていると思えば、またやり直すこともできます。

 

「人生は一度きり」ということは変わりません。常に自分が主人公でいるべきです。

「やりたいことがある」「学校以外でも働いてみたい」

そうした思いがあるのであれば、多少のリスクを冒してでもチャレンジした方が良いと思います。

後悔しないよう自分に素直に、より前向きな選択をしていきましょう!

 

スポンサーリンク

-LIFE, 教員の働き方

© 2021 TAKA blog