イギリス留学 大学院留学 留学に関するTips

【イギリス大学院】Pre-sessionalは参加するべきか?

こんにちは、タカヒロです。

 

イギリス大学院への進学を考えているけど、Pre-sessionalから参加するべきだろうか…?

 

そんな疑問に答えます。

 

この記事では、筆者の体験をもとにイギリス大学院Pre-sessional courseのメリット、デメリットを紹介していきます。

 

筆者の経歴

2017年7月 University of Brighton Pre-sessional course 8weeksに参加
2017年9月 University of Brighton MA TESOLへ進学

 

これからの留学を検討されている方へ、何か参考になれば幸いです。

 

 

【イギリス大学院】pre-sessionalは参加するべきか?

Pre-sessional courseとは?

Pre-sessional courseとは、留学生向けに大学側が提供している大学院の準備コースです。

大学院がスタートする9月下旬に合わせて、7月頃から開始されます。

イギリス大学院では入学審査の際IELTSのスコア提出が必要となりますが、大学が求める基準にスコアが満たない場合でも、大学が開講しているPre-Sessionalコースに参加して、試験に合格をすれば入学を許可されるというシステムがあります。

通常、IELTSのスコアに応じて、Pre-sessionalへの参加期間が決定していきます。

なお、IELTSのスコアが基準を満たしていても、希望をすればPre-sessionalを受けることが出来る場合が多いです。

 

例えば、僕の通っていたUniversity of Brightonでの2021年 Pre-sessionalコースは以下の通りです。

大学院(postgraduate)への進学には、

IELTS 5.5  ➡ 12weeks

IELTS 6.0  ➡ 8 weeks

希望者     ➡   4 weeks

といった参加期間が基本となってきます。

 

僕はPre-sessional 8weeksに参加しました。

 

率直に、費用は高額でしたが、その分受けるメリットは大きくあると感じました!

 

個人的には、留学に対して不安が大きい場合はPre-sessionalから参加することがおすすめです!

 

Pre-sessional courseのメリット

Pre-sessional courseを受講してみて感じたメリットは3つあります!

 

①大学院で必要なアカデミックな英語が体系的に学べる

②イギリスでの生活が落ち着いてスタート出来る

③多国籍な友達、英語の会話相手が出来る

 

順番に説明していきます!

 

①大学院で必要なアカデミックな英語が体系的に学べる

 

Pre-sessional courseではアカデミックな英語を学ぶことが出来ます。

 

・論文の書き方

・文献の検索の仕方

・文献の引用の仕方

・プレゼンテーションの仕方

・パラフレーズの仕方

・論文執筆で役に立つボキャブラリー

 

など、大学院へ進学する上で必要不可欠な知識を体系的に学ぶことができます。

 

大学院では、論文やプレゼンテーションで評価が決まることがほとんどです。

いくら英語が流暢に話せても、論文の構成、文献の活用方法などを理解していないと科目をpassすることはできません

そして意外と「論文に関した知識、プレゼンの仕方」等は日本の学校では学んでいません…。

 

大学院がスタートしてしまうと、参考文献のリーディングや課題に追われることになるため、Pre-sessional を通して基礎知識を学べることは非常に大きいです。

 

・日本では学ぶことができていない部分

・しかしイギリス大学院では必要な部分

 

に関して、その大学院について知り尽くしている先生方から教わることで、かなり不安が和らぎます!

 

またクラスは10人程度の少人数な場合が多いので、きめ細やかな指導を受けることができますよ。

 

 

僕の参加したPre-sessionalは、【中国人3人、韓国人、タイ人、サウジアラビア人2人、スーダン人、僕(日本人)】の9人クラスでした。

Pre-sessional の参加者は全体で70名程。10人×7クラスに振り分けられた形でした。

毎時間、写真のようなコンパクトな教室で和気あいあいと学んでいきました!

 

②イギリスでの生活が落ち着いてスタート出来る

Pre-sessionalから参加すると、イギリスでの生活を落ち着いてスタートさせることができます。

イギリスでの生活が始まるとBRPの受け取りから始まり、生活に必要なものを買いそろえたり、銀行口座の開設だったり、定期券を購入しに行ったりと、色々とバタバタします。

 

Pre-sessionalの期間中、授業は14時頃には終わるため、その後の時間を自分で使うことができます。

友達と街をぶらぶらしながら生活に慣れていく重要な期間になります。

 

大学院がスタートして忙しくなる前に生活の基盤が出来るのは本当に大きいです!

間違いなく落ち着いて大学院コースのスタートが迎えられます。

 

僕の場合は、Pre-sessionalの期間を用いてアルバイトをスタートしました!

14時までは大学で勉強。それ以降は週3程度でバイトを入れていました。

 

アルバイト探しは大学院がスタートしてからでは正直厳しかったと思います…。アルバイトもしたい方はPre-sessionalの期間を有効に使うことがおすすめです。

 

 

③多国籍な友達、英語の会話相手が出来る

Pre-sessionalに参加している生徒はアジア人がほとんどです。(中でも中国人、タイ人の割合は多め。)

やはり第二言語として英語を学んでいる者同士、意気投合しやすい部分があります。

英語のレベルが自分と同じくらいの学生も多くいて、気軽に英語の会話相手となってくれる友達ができます。

 

留学初めに英語を気軽に使える相手がいるかどうかは、英語力を伸ばす上で非常に大切だと思います。

詳しくはこちらをご覧ください。

【イギリス大学院留学】純ジャパ生の英語力はどのように伸びていくか

続きを見る

 

またPre-sessionalにはあらゆる専門分野に進む学生が参加していますから、他分野の学生と友達になれるメリットがあります。

一方でイギリスの大学院ではコースが始まってしまうと、コース内でほぼ全てが完結し、課題に追われる日々や自主学習の日々が続くため、コース外に友達の輪を広げることがなかなか難しいです。

そういった意味でも、Pre-sessionalの期間にできる友達はとても貴重です。

 

僕はPre-sessionalで知り合った友人とは定期的にパブに飲みに行って近況を報告したり、BBQをしたり、留学期間を通して大変お世話になりました!

 

Pre-sessional courseのデメリット

Pre-sessionalのデメリットはただ一つ、「費用が高い」ということです。

 

例えばUniversity of Brightonの場合、

 

12 weeks  ➡ £3,354 (約52万円)

8  weeks   ➡   £2,236 (約34万円)

4 weeks    ➡   £1,118 (約17万円)

 

といった金額がコース費として掛かります。

 

その他に賃料、食費、交際費等をプラスすると、

12weeksでは70万円、8weeksでは50万円、4weeksでは30万円くらいが全体の費用になってくるかと思います。

 

正直個人的には、これ以外にデメリットは特に見当たりません。僕はこのデメリットを和らげるためにすぐにアルバイトを始めました…!

 

 

まとめ

以上、イギリス大学院のPre-sessional についてまとめました!

費用は掛かりますが、僕はPre-sessionalから参加して本当に良かったと思っています。

そのおかげでスムーズに大学院生活をスタートでき、またPre-sessionalで学んだアカデミックな知識が、その後の大学院生活でのベースとなりました。

留学に対し不安が大きい方にはおすすめです!

なおコロナの影響により、Pre-sessionalをオンラインで行っている大学も多数あるようです。

気になる大学に関しては直接お確かめください。

これから留学をされる方へ何か参考になれば幸いです!

実際の大学院生活についてはこちらの記事をどうぞ。

イギリス大学院生活の実際

続きを見る

【イギリス大学院】修士論文を提出するまでのスケジュール

続きを見る

スポンサーリンク

-イギリス留学, 大学院留学, 留学に関するTips

© 2021 TAKA's blog