LIFE 日本で味わう異文化

アイスランド産ラム肉を食べに行こう!【北千住】OZ

2020年8月20日

 

お肉と言えば、牛肉、豚肉、鶏肉、、、そして忘れてはいけないのがラム肉です。

ラムというとオーストラリアやニュージーランドから輸入している場合が多いのですが、なんとラムで有名な北欧の国、アイスランドから仕入れているお店が東京、北千住にあるのです。

私は旅行でアイスランドを訪れた際、そのラム肉の美味しさを知りました。

そんなラム肉に再会すべく、今回はアイスランド産ラム肉のお店「OZ」さんを訪れてきました!

「OZ」の基本情報

<住所>

東京都足立区千住東2-3-7

<アクセス>

北千住駅 東口から徒歩3分

<営業時間>

ディナー 17:00~22:00(L.O.21:30)

定休日:日曜日、月曜日

※現在新型コロナの影響により、営業時間を変更している場合があります

<電話番号>

090-6727-4029

<席数>

18席

 

お店の外観、雰囲気

北千住を降りて歩くこと3分、一つ路地を入るとこんな可愛らしいお店が現れます。

f:id:ToyT810:20200820143445j:plain

シンプルなモノトーンの外見とこの隠れ家感、とっても素敵ですねえ!

f:id:ToyT810:20200820144343j:plain

来ました、「アイスランド ラム肉の店」!

日本でアイスランドをうたっているお店、初めてみました。

早速入っていきます!

f:id:ToyT810:20200820210851j:plain

店内にはカウンターが6席、2人用のテーブルが2つ、そして奥に大人数用のテーブル部屋がありました。内装もとってもおしゃれ!!

f:id:ToyT810:20200820211108j:plain

こちらがメニューです。ラムラムラム…ラムずくし!!

逆に食べ物でラムが絡んでいない商品がない、という徹底ぶりです!

今回はラムチョップ、ラム肩ロース ラムテキ、ラムつくね、ローストラムサラダ、そしてラムせせり肉と千寿葱の塩炒めを頂きました!

 

ラム肉の料理たち

f:id:ToyT810:20200820211556j:plain
ローストラムサラダ

f:id:ToyT810:20200820211638j:plain
ラムチョップとラムつくね

f:id:ToyT810:20200820211727j:plain
ラムせせり肉と千寿葱の塩炒め

f:id:ToyT810:20200820212322j:plain
ラム肩ロース ラムテキ

どれもかなり美味しい、、!!

よくあるラム肉特有の臭みは全く感じません。

かといって、お味の方はしっかりラム肉の美味しさが活かされています。

噛めば噛むほど、いつも食べている他のお肉との違いに気が付かされます。

そうそう、これがラムのお味、、!

どのお料理も、それぞれの部位に最適の料理法で提供されているのでしょう。

同じラム肉ですがレパートリーが豊富で、様々な表情のラムを楽しむことができます。

一番人気のラムチョップは、お肉本来の味を味わうため、元からの味付けはされていなく、自分でスパイスと塩を足していただく、という方式でした。

お肉が柔らかくてジューシー!臭みはないのでスパイスもそんなにいりません。

個人的にはラムテキが一番好みでした。旨味を閉じ込められたお肉と特製の和風だれとの相性が抜群でした。焼き加減も最高。ワインが進む進む。

ひたすらのラムづくしで、ちょっぴりアイスランド旅の気分を思い出しました。

f:id:ToyT810:20200820222255j:plain

f:id:ToyT810:20200820222200j:plain
アイスランドのドライブ旅 あー懐かしい!!こんな広大な台地で育った羊なのか

お会計の方はこちらの料理にグラスワインなど3杯ずつ飲んで、二人で9500円程。

あれ??スーパー物価の高いアイスランドより、遠く離れた日本の方がアイスランドラムをお安くいただけているのでは!?笑。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

普段あまり口にしないかもしれませんが、高たんぱく低カロリーと意外に優秀なラム肉。その上アイスランド産はかなり珍しいですよね。

お肉好きの方にはもちろん、「ラム肉は臭みがあるからちょっと、、、」と思っている方にもおすすめのお店です。

是非アイスランド産のラム肉を食べに、足を運んでみてはいかがでしょうか?

tabelog.com

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

-LIFE, 日本で味わう異文化

© 2021 TAKA blog