おすすめ本 英語学習 英語学習サポート教材 英語教育

【英語の音読が楽しくできる!】名スピーチを使ったおすすめ教材

2020年5月10日

こんにちは、タカヒロです。

 

英語の音読が楽しくできる教材が欲しい…!

 

そうした疑問にお応えします。

 

英語の音読は【音・文字・意味】を連結させながらアウトプットの訓練ができるため、非常に効果的です。

楽しく音読を続けていくためにも、教材選びは重要ですよね。

 

この記事では、誰でも楽しく英語の音読ができる【名スピーチで英語「速」音読】というおすすめの教材をご紹介します。

 

 

筆者の経歴

・中学英語教員6年、高校2年

・イギリス大学院で英語教授法 修士

・英検1級 2次試験40点中39点

 

僕自身、音読を通して英語を鍛えていきました。

英検1級の2次で高得点を出せたのは、音読を続けていた成果だと思っています。

 

数多くある音読教材の中でも、この一冊にドはまりしました…!

 

 

英語の音読が楽しくできる教材「名スピーチで英語速音読」のおすすめポイント

 

こちらの教材のおすすめポイントは以下の3点です。

 

・スピーカーのチョイスが秀逸

・無料の音声ダウンロードが優秀

・語注が程よい

 

順番に解説していきます!

 

スピーカーのチョイスが秀逸

 

本書には10人のスピーチが収録されています。

それも、スティーブ・ジョブズに始まり、オプラ・ウィンフリー、ジェフ・ベゾフ、J.K.ローリング、スティーブン・スピルバーグ、ナタリー・ポートマン、トム・ハンクス、アン・ハサウェイ、豊田章男さん、緒方貞子さんと世界的に有名な方ばかり!

こんな偉人の方々の名スピーチをじっくり味わえるというだけでも価値があります。

 

個人的に良いなと思う点は、日本人のスピーカーが二人収録されている点です。

トヨタ社長の豊田章男さんが自身の母校、米国バブソン大学の卒業式で行ったスピーチと、JICAの理事長を勤められていた緒方貞子さんが世界経済フォーラムで話した内容が収録されています。

 

「ああ、日本人でも英語でこれだけ深い内容を話せるのか、、、」と感銘を受けます。

 

世界的に活躍する日本人の英語に着目するということも、大事な視点だと思います。

 

無料の音声ダウンロードが優秀

 

付属のCD形式ではなく、自分で無料のアプリをダウンロードする形式なので、簡単にスマホで聞けてとても楽です!

アプリには「Fast」「Slow」「Speech」の3種類が入っています。「Speech」はスピーカー本人の音声です。

 

基本的には、

①「Speech」を聞いてみてイメージを掴み、

②「Fast」で速さになれ

③「Slow」でじっくり練習していき、

④ 再度「Fast」で成果を確認する、

という流れです。

 

音読ではしっかり聞き取って理解できたものを再生していかないとあまり意味がないので、「Slow」が意外と役に立ちます。

 

各ページには音読の目標タイムが設定されています。

中々厳しい設定なので、「Fast」を聞きなれて相当訓練していかないと、目標タイムはクリアできないかもしれません。

「なにくそーー!!次はクリアしてやる!!」とやる気にしてくれます。

(個人的には速く読みすぎて内容を全く考えないよりは、内容を伝えることを意識してスピーチっぽく読めれば十分かなとは思ってしまいますが、、、。)

 

語注が程よい

f:id:ToyT810:20200510102840j:plain

このようにページ左側にスピーチ、右側に訳例と語注が載っているのですが、語注のレベルが程よいです。

あれ?どんな意味だっけな、という単語をサッと確認することができます。

 

英検準2級くらいの英語力があれば、この語注だけで十分理解ができるかと思います。

あまりごちゃごちゃしていなく、スピーチを理解するために必要なことだけが載っているので、とても見やすいです。

 

訳例に関しても、なるべく英語を英語のまま理解できるように、英文の語順に合わせた形になっています。これまたちょうどいい。

 

 

名スピーチを元に、楽しく音読を続けよう

 

この記事では、英語の音読におすすめの「名スピーチで英語「速」音読」という教材をご紹介しました。

お値段も1600円程度です。

とても費用対効果が高くて、効率よく実用的な英語力が身に付くと思います。

また名スピーチが自分で言えるようになるとやっぱり嬉しいですし、変化が目に見えるので楽しく英語の音読をすることが出来ますよ。

とてもおすすめの教材です。是非試してみて下さい!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

-おすすめ本, 英語学習, 英語学習サポート教材, 英語教育

© 2022 TAKA blog