Bright 英語教育

イギリス大学院でTESOL(英語教授法)を履修した、英語教育とイギリスをこよなく愛する高校教師が、英語教育、英語学習、イギリス留学関係、その他諸々を書き綴っていくブログです。日本のbrightな英語教育を思い描きながら…。

「今行く!」はgo?come? 「スープを飲む」はdrink? eat?

f:id:ToyT810:20200707223127j:plain

 

go やcomeのように当然のように知っている動詞でも、日本語と比較している内に、「あれ?どっちを使うんだっけ?」とごっちゃになってしまうことありますよね。

 

今回はそんな間違えやすい動詞の代表「go/come」「drink/eat」の見分け方をまとめたいと思います。

 

go /comeの見分け方

goは「行く」、comeは「来る」

 

日本語の訳は異なります。


では、以下の文はどうなるでしょうか?

 

①「金曜の夜は暇?」「出張で大阪に行かなくちゃいけないんだ。」

②「ケンタ、お昼出来たわよ。」「わかったー、今行く。」


正解は

 

①「Are you free on Friday night? 」

 「I have to go to Osaka on business.」

②「Kenta, lunch is ready.」「OK. I'm coming.」

となります。

日本語では同じ「行く」という表現なのに、①の場合はgoを使い、②の場合はcomeを使います。

なぜなのでしょうか。

go/comeを使い分けてくためには、この法則を覚えておきましょう。

 

「聞き手に近づく場合」、または「聞き手が行くはずの場所に行く場合」にはcomeを使う。


①は話し手が大阪に行くだけなのでgo、

②は聞き手に近づくのでcomeになるというわけです。



では

「ごめん、、、風邪ひいて今夜あなたのお誕生日会行けなくなっちゃった、、、。」

この場合はどうなるかというと、


「I'm so sorry, but I won't be able to come to your birthday party,,, I've got a cold,,,」

 

となるわけです。

 

eat とdrinkの見分け方 

「食べる」と「飲む」も日本語と英語では多少の誤差があります。



次の場合は、英語でなんと言うでしょうか?

①ジュースを飲む

②スープを飲む

 


①は drink juiceですが、

②は eat soupとなります。

 

日本語だと同じ「飲む」なのに使い分けが必要なのです。

覚えておきたいポイントは

基本スプーンを使ったら、飲み物っぽくてもeat!

です。

お椀やカップに直接口を付けて飲むのであればdrinkを使いますが、海外ではスプーンを使って飲むことがほとんどなので、eatを使いましょう。

 


最後に、

動詞ではありませんが、女性に対して、「スタイル良いですね!」といったことを言いたいときにも(あまりないかもしれませんが)、注意が必要です。

同じ「やせている」という意味でも、「slender」か「slim」を使えば褒めることができますが、「skinny」「thin」を使ってしまうと、けなす意味合いになってしまいます!

「skinny」「thin」共に、「痩せこけている」という意味が出てしまいます。

言語の違いって難しいですね。

でも、だからこそ面白いですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

www.bright-english-edu.com