LIFE その他諸々 日本で味わう異文化

【Brighton Cafe】イギリスの港町ブライトンを感じるカフェが埼玉・川越にありました

2020年7月26日

 

こんにちは、タカヒロです。

衝撃的なお店を発見しました、、!!

3年前にイギリス・ブライトンで始まった留学生活。

あの頃はとっても楽しかったなあ、、、またあの海に戻りたいなあ、なんて思い出に浸って過ごしているこの頃、、。

そんな中、「ブライトン」で検索をしてぼんやりスマホをいじっていたら、目を疑うホームページが!!

なんとBrightonの名が付くカフェが日本に!!しかも僕も生まれ育った埼玉に!!!

その名も「Brighton Cafe」。

お店の看板はBrightonを象徴するロイヤルパビリオンがモチーフになっています。

f:id:ToyT810:20200726101508j:plain

これはブライトンと何らかの繋がりがある方が経営されているに違いない!

もう、もはや他人事とは思えず笑、さっそく訪れてきました!

 

Brighton Cafeの基本情報

Brighton Cafeは埼玉県・川越に位置する、2017年にオープンした本格イタリアンのお店です!

≪場所≫

埼玉県川越市通町8-1-1

西武新宿線 本川越駅徒歩5分。
または「川越駅」東口徒歩13分。

≪営業時間≫

【日〜土】
11:00〜15:00   17:00〜23:00(L.O22:00)

※金、土 〜24:00(L.O 23:00)

定休日
水曜(*貸切営業のみ可)

≪電話番号≫

049-227-9917

≪席数≫

40席(カウンター6席、テーブル34席)

川越駅を降りて歩くこと約10分、テラス席の素敵な、可愛いお店が見えてきました!

f:id:ToyT810:20200726092334j:plain

 

店内に入ると、木造を基調とした建物や家具の暖かいぬくもりと、グリーンの爽やかさで、ゆるりとした雰囲気と解放感を感じます。

 

f:id:ToyT810:20200726092830j:plain

そこへサーフ系のミュージックが相まって、もう雰囲気は海の街ブライトンのカフェを彷彿とさせます。

え、埼玉には海がない!?

いいや、ここにありました。

 

Brighton Cafeで絶品の生パスタを食べよう!

そんな店内で、絶品の生パスタを頂きました。

今回頂いたのは、

【選べる生パスタ+サラダ+ドリンク】で1000円のランチメニューです。

f:id:ToyT810:20200726091952j:plain
ズワイ蟹のトマトクリームパスタ

 

f:id:ToyT810:20200726093051j:plain
本日のパスタ(青唐辛子とシラスのオイルパスタ)

 

Brighton Cafeのパスタは中太の生パスタを使用しています。

もっちもちの食感で、噛むたびに小麦の風味が口いっぱいに広がります。

パスタの麺がこんなに美味しいと感じたのは初めてでした!!

そしてどちらのソースとの相性も抜群!

2種類しか食べられませんでしたが、全種類食べてみたい!!

f:id:ToyT810:20200726093413j:plain
セットのサラダも彩りがきれいで美味しかったです。

 

絶品パスタを頂いた後、少しだけオーナーさんとお話しすることが出来ました。

「実は、僕もブライトンに留学をしていて、、、」というと、喜んでお話をして頂けました。

オーナーさんは、20年程前に留学でブライトンを訪れ、その雰囲気に惹かれ、それからその雰囲気をご自身で再現すべく、お店をオープンしたのだそうです。

オーナーさんの優しさやその雰囲気から、ブライトンへの愛を感じました。

同じ埼玉で、ブライトンというまだまだマイナーな地について繋がりを持てたことが本当に嬉しくて溜まりませんでした。

Brighton Cafeのオーナーさんのように、自分のやりたいことをやりたいように体現していくことって、本当に大変なことだとは思いますが、その分のやりがいがあるし、こんなに素敵なことはないよなあと感じました。

自分も留学で得たことから、自分には何が出来るのかを、もっともっと考えていかないといけないなあと感じさせられました。

絶品パスタと、イキイキと働いていらっしゃるスタッフさん達から、元気をたっぷり頂きました。

hitosara.com

tabelog.com

Brighton Cafe、優しいスタッフさんと絶品パスタの素敵なお店です。

デート、ママ友ランチ会にもピッタリなお店です!

川越を訪れた際には是非足を運んでみて下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

-LIFE, その他諸々, 日本で味わう異文化

© 2021 TAKA blog