英語学習 英語学習法

英語の勉強は隙間時間の活用が肝!おすすめの教材・アプリ5選

こんにちは、タカヒロです。

 

英語を勉強し直したいけれど、なかなかまとまった時間が取れないんだよなあ…。隙間時間が大事って言うけど、どう使えばいいんだろう。

 

そうした疑問に答えます。

 

隙間時間の使い方って難しいですよね…。「英語の勉強に使おう!」と思っても、やり方を明確にしていないと長続きさせることは難しいです。

「はあ…。また隙間時間を無駄に過ごしてしまった…。」と後悔することもよくあります。

この記事では、隙間時間の勉強におすすめの教材やアプリを紹介していきますよ!

「もう隙間時間を無駄にしない」ためのヒントをお伝えできればと思います。

 

隙間時間を有効に活用して、がんがん英語力を鍛えていきましょう!

 

この記事の内容

・隙間時間でどれくらい勉強ができるのか

・隙間時間の勉強におすすめの教材やアプリ5選

 

筆者の経歴

・中高教員8年

・イギリス大学院でMA TESOL(英語科教授法 修士)を習得

・現在、大学で英語講師

・隙間時間の学習を続けて英検1級

 

 

隙間時間でどれくらい英語の勉強ができるのか

 

まず、いったい日々の隙間時間でどれくらいの勉強時間が確保できるのでしょうか?

 

その時間数を把握して、積み重ねの大切さを理解するとモチベーションが上がりますよ!

 

 

例えば、日常の中では以下のような時間にちょっとした隙間時間が生まれますね。

 

・身支度をしている間

・通勤・通学の時間

・会社の休憩時間、学校の休み時間

・帰宅後、ソファでくつろぐ時間

・風呂の時間

・寝る前の時間

 

だいたい「あ、時間を無駄にしてしまったな…。」と後悔するのって、こういった時間なのではないでしょうか?

 

これらの時間に、英語学習を溶け込ませてみます。

 

かなりストイックに見えますが、具体的にやれることを書き出してみると以下の通りです。

 

・洗面台に単語を貼っておき、歯磨きをしている間に眺める(5分)

・朝ご飯を食べている間、英語のラジオ、リスニング教材を聞き流す(10分)

・通勤・通学(行き)の電車の中で、口パクシャドーイングやアプリ学習(30分)

・休憩時間にアプリ学習(10分)

・通勤・通学(帰り)の電車の中で、口パクシャドーイングやアプリ学習(30分)

・帰宅後ソファでくつろぎながら、Youtubeで勉強(20分)

・お風呂に入りながら、ラジオを聞く、または音読練習(15分)

・歯磨き中に単語を確認(5分)

・寝る前にその日に覚えたことの確認(10分)

いかがでしょうか?

これで合計2時間15分です。

別のことをしていても、目や耳は使えるので、本気で取り組むとこれくらい隙間時間を活用できそうです。

 

仮に、机に向かって学習する時間を45分確保すれば、毎日3時間の学習時間を作り出すことができますね!

 

相当だ…と思われるかもしれませんが、意外とやっているうちに習慣化してきます。

逆に「やらないとなんだか気持ち悪い」くらいの感覚になってくるとGOODです。

 

要は日常生活にいかに英語学習を溶け込ませるかが重要です。

 

かなりストイックに聞こえるものを書いてみましたが、上には上がいます。

知り合いのおじさん先生は、

雨の日以外は「勤務先最寄り駅の一つ前で降りて、英語でニュースを聞きながら、歩いて通勤してくる」ことを習慣にしています。

確かにそれなら確実に「毎日20~30分英語を聞く時間」が作れますね!!

「英語も勉強できるし、朝歩くのは気持ちいいし、最高だよ!!」と仰っています。

 

自分の工夫次第で隙間時間自体を作り出すことができるんですね!

 

自分なりに「どこでどれくらいの時間が確保できそうなのか」を書き出してみましょう。

 

隙間時間の勉強におすすめの教材・アプリ5選

 

ここからはおすすめの教材やアプリを5つ紹介していきます!

 

キクタン

名スピーチで速音読

スタディーサプリ

TOEIC単語

TEDICT

 

の5つです。

 

何をやろうか悩んでいる方は、これらを使えば隙間時間を過ごす質が変わっていきますよ!

 

気になったものを是非ご自身の学習に取り入れてみて下さい。

 

キクタン


まずおすすめしたい教材がキクタンです。

英語学習で「語彙のデータベース」を築くことは不可欠です。

 

キクタンでは「聞くこと」にフォーカスされているため、何かをしながら単語を学習するのにぴったりです。

 

「Day1で16語、Day2で16語」といったように一日ごとに区切られていて取り組みやすいです!

一日のノルマを決めて取り組むことができます!

 

僕は通勤時間、ずっとキクタンを使って語彙を習得していきました。

片道20分だったので、往復で40分は単語の勉強。

その日に聞いたセクションを寝る前にパラパラめくって確認するというルーティンを作っていました。

このルーティンを3、4か月続けたことが、英検1級の合格に繋がりました。

単語の勉強は「キクタン英検1級」を用いての通勤時間の勉強のみです。

 

ココがおすすめ

キクタン英検やキクタンTOEIC、さらには日常会話に特化したバージョンなど、目的やレベルに合わせて選べるのも嬉しいですね!



 

 

 

名スピーチで速音読


こちらは音読やシャドーイングにぴったりの教材です。

音読やシャドーイングは同じ文章を繰り返し行うことで効果があるからこそ、内容が面白い文を選びたいですよね。

この教材に収録されているスピーチは、10本とも各界の著名人による名スピーチなので、内容を理解するだけでも面白いです。

その上、【スロー、ファスト、本人音声】と3種類の音声が付いているので、自分のレベルや段階に合わせて音読やシャドーイングの練習ができます。

 

僕は2020年の春、自粛で家にいる期間が長い時にこちらの教材にドハマりしました。

自分ひとりでガンガン音読を進めていけます!

最終的に10本分の名スピーチを本人になり切って音読することができるようになると、かなりの達成感を味わえますよ。

 

ココがおすすめ

お風呂で音読・シャドーイングの練習をするのにぴったりな教材です!

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

英語の音読が楽しくなる!名スピーチを使った教材!

続きを見る

 

スタディーサプリ



自学に役立つアプリの決定版と言えば、やはりスタディサプリEnglishです。

 

・1回最短3分から!通勤時間や就寝前などのスキマ時間で学習できる

・スマホ・PCですべてを完結

・ディクテーション・シャドーイング・発話練習もアプリ一つで本格的なトレーニングが充実

・大ヒットドラマ「下町ロケット」などを手掛けた脚本家、稲葉一広氏によるドラマ式レッスン

・プレゼン、交渉、会議など、リアルなビジネスシーンに基づいたストーリーで楽しく学べる

・中学レベルの学び直しから実践的なビジネスシーンまで対応

・元大手英会話スクールのカリスマ講師Matt先生による1回1分英会話レッスンでビジネス英語を攻略!

・ビジネスシーンに使える「とっさの一言700フレーズ」を収録

・全ての機能が7日間無料でお試し可能

 

といったように活用するメリットがたくさんあります。

 

サクッとスマホ一つで学習ができるので、場所を問わず利用することができ、隙間時間を有効活用できますね!

 

ココがおすすめ

隙間時間を使って総合的に英語力を鍛えられ、自分の弱点を克服することに役立ちます。

 

スタディサプリEnglishについての詳細・申し込みはこちらから。

 

TOEIC暗記クイズ

 

こちらのTOEIC暗記クイズはTOEICの単語学習にフォーカスしたアプリです。

TOEIC 600点~900点レベルの4000単語と1200熟語を、月額500円で4択クイズの形で学習することができます!

 

クイズ形式で出題されるので、ふとした隙間時間に活躍します。

 

単語帳を使っての学習や、キクタンでの学習はマンネリ化しやすいですから、

・単語帳を使っての勉強にはちょっと飽きたな

・インプットしたことを覚えられているのか確認したい

という時にこうしたアプリが役に立ちますね。

 

クイズ形式で「自分で選ぶ」という能動的な動作が入るので、ちょっとしたアウトプットをする場になりますね!

 

月額500円と有料なので期間を絞って、TOEIC単語帳と併用すると効果的です!

 

 

 

TEDICT

 

TEDICTは英語学習では定番のTEDを用いた学習ができるアプリです。

 

 

TEDに上がっている動画を見ながら、ディクテーションの練習をすることができます。

講演の原稿を、そのままディクテーションの材料にしてしまったアプリですね!

 

学術的な内容を学べるので、「ちょっとした時間が取れる!頭を動かす勉強がしたい!」というタイミングにピッタリです。

動画の種類が豊富なので、飽きることがありません。

無料版のTEDICT LIFEでも学習できますが、有料版(490円)だと音声スピードをコントロールすることができたり、操作できる幅が広がります。

 

TEDを見ながらディクテーションの練習ができるとは、TED好きにはたまらないアプリです!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今回は隙間時間の勉強におすすめの教材やアプリを紹介しました。

気になった教材やアプリをご自身の隙間時間の学習に取り入れてみて下さいね!

 

一日はだれにでも24時間。一秒たりとも無駄にはせず、隙間時間を有効に活用しながら過ごしていきたいですね!

 

この記事が英語学習に取り組む方々へ何か参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

【短期集中】スパトレ ホテル宿泊型の国内英語留学で英語力の強化!

続きを見る

【英語学習】海外ドラマでリアルな会話表現が学べるおすすめ本!

続きを見る

英語コーチングスクールってどうなの?現役英語教員が答えてみた

続きを見る

ではまた!

スポンサーリンク

-英語学習, 英語学習法

© 2021 TAKA blog