英語の学び直し

社会人が英語ゼロから日常会話レベルになる勉強法を7ステップで解説

2022年10月9日

こうした疑問にお応えしていきます

  • 英語をゼロからやり直すには、どうすれば良いの?
  • 日常英会話ができるレベルを目指したい
  • 効率よく、実践的な英語を身に付けていきたい

 

この記事では、「社会人がゼロから英語をやり直して、日常英会話ができるレベルになるまでのステップ」を解説していきます。

 

これまでに僕が英語を勉強してきた経験や、中高生へ英語を教えてきた経験を元に、7ステップ、全20記事でまとめました。

このステップを元に英語学習を続けていけば、日本にいながらも英語が話せるようになるはずです!

ぜひ繰り返しご覧になってみて下さい。

 

筆者の経歴

・中高 英語教員 8年

・イギリス大学院 MA TESOL(英語教授法 修士)

・私立大学・中高 講師2年目

 

それではどうぞ!

 

Contents

【ステップ1】学習のやり方を確認していこう(3記事)

 

まずは「学習のやり方」や、「学習に必要な時間数」「自分の理解度」を確認して、自分の現在地と学習のイメージを掴んでいきましょう!

 

①:やり直す手順を知る

【英語のやり直しは何から始める?】脱初心者へのおすすめ手順を解説

続きを見る

 

 

②:どれくらいの学習が必要になるのかを知る

【学校だけでは足りない!】英語学習に必要なインプットの量とは?

続きを見る

 

 

③:文法の理解度をチェックする

【無料でやり直し】元教員が中学英語の基礎文法を分かりやすく解説

続きを見る

 

 

【ステップ2】必要な教材を揃えよう(4記事)

 

次に、「学習に必要な教材」を揃えていきましょう!

 

以下の4つを揃えることをおすすめします。

 

・単語帳

・中学文法の教材

・シャドーイング教材

・リーディング教材

 

単語帳と中学文法の教材で基礎力を付けながら、シャドーイング教材やリーディング教材で文章に慣れていきましょう。

紙媒体の教材も良し、アプリを活用するも良しです。

こちらの4つの記事をご参照ください。

 

④:単語帳を決める

【社会人向け】英語初心者が選ぶべき単語帳とおすすめの使い方

続きを見る

 

 

⑤:文法書を決める

【大人向け】中学英語のやり直しに使える参考書2選【元教員が紹介】

続きを見る

 

 

⑥:その他に持っておきたい教材

英語を一から独学で勉強したい社会人が揃えたいおすすめ本15選

続きを見る

 

 

⑦:中学英語からのやり直しに使えるアプリ

中学英語からやり直したい社会人におすすめの英語学習アプリ6選

続きを見る

 

 

【ステップ3】学習に取り組もう(3記事)

 

教材が揃ったら、学習に取り組んでいきましょう!

ここではやり方で迷いやすい「シャドーイング」と「音読」についての記事を紹介していきます。

 

まずは型通りに進めてみて、徐々に自分なりにアレンジしていくことがおすすめです。

 

また「学習記録」を取ると、自分の学習状況を客観的に把握することができるため、こちらもおすすめです。

 

 

⑧:シャドーイングのやり方

【英語初心者向け】シャドーイングの効果的なやり方とおすすめ教材

続きを見る

 

 

⑨:音読のやり方

【効果絶大!】英語力が爆上がりした音読のやり方とおすすめ教材

続きを見る

 

 

⑩:学習記録の書き方

1日3分!勉強効率が上がる学習記録の書き方【無料シート付き】

続きを見る

 

 

 

【ステップ4】学習を継続しよう(2記事)

 

英語学習のモチベーションは上がったり下がったりするものです。

モチベーションが下がってしまった際に、学習を止めずに立て直すコツを知っておくことが重要です。

 

こちらの2記事をご参照ください。

 

⑪:モチベーションを保つコツ

【英語の勉強が続かない】モチベーションを保つための理論と方法5選

続きを見る

 

 

⑫:メタ認知力を生かして学習を管理する

英語学習を継続させるコツは、「メタ認知力」を高めること

続きを見る

 

 

【ステップ5】オンライン英会話に取り組もう(3記事)

 

英語を話すためには、「英語を話す機会を作ること」を避けては通れません。

基礎が出来てきたところで、オンライン英会話にチャレンジしていきましょう。

 

⑬:初心者向けのオンライン英会話サービスを知る

【超初心者向け】オンライン英会話の選び方とおすすめ7選を徹底解説

続きを見る

 

 

⑭:オンライン英会話に取り組むタイミングを知る

【初心者必見!】オンライン英会話を始める最適なタイミングを解説

続きを見る

 

 

⑮:うまくいかなかった場合、その要因を考える

【初心者向け】オンライン英会話で撃沈する3つの理由と対応策3選

続きを見る

 

 

【ステップ6】実践的な表現が多く学べる教材に取り組もう(4記事)

 

オンライン英会話を継続しながら、実践的な表現が多く学べる教材に取り組んでいきましょう。

 

「教材でフレーズを学習する」 ➡ 「オンライン英会話で使ってみる」

 

といった流れができると理想的です。

 

インプットしながらアウトプットしていくことで、表現力がどんどん豊かになっていきます!

 

こちらではインプット教材を選ぶポイントと、僕が実際に使ってみて日常英会話の向上に直結した教材を紹介していきます。

 

⑯:自分に合ったインプット教材を選ぶポイント

【英語学習】効果的なインプット教材を選ぶための4つのポイント

続きを見る

 

 

⑰:DUO3.0に取り組む

【超効率の良い最強単語帳】DUO3.0のおすすめポイント4選

続きを見る

 

 

⑱:スピーチを使った教材に取り組む

【英語の音読が面白くなる!】世界の名スピーチを使ったおすすめ教材

続きを見る

 

 

⑲:海外ドラマを使った教材に取り組む

【英語学習】海外ドラマでリアルな会話表現が学べるおすすめ本!

続きを見る

 

 

【ステップ7】オンライン英会話でフリートークにチャレンジしよう

 

最後に、オンライン英会話でフリートークにチャレンジしてみましょう。

「フリートークで20~25分程会話が続くようになること」が一つの目標となります。

 

DMM英会話を利用すれば、気軽にフリートークに取り組むことができるため、おすすめです。

実践回数を重ねて、様々な話題に対応できる力を身に付けていきましょう!

 

⑳:DMM英会話のフリートークに取り組む

長期留学の準備としてDMM英会話でフリートーク練習すべき理由

続きを見る

 

 

英語はやればやるだけできるようになる!

 

英語が話せるようになるまでには時間が掛かります。

しかし、正しいやり方で学習を続けていけば、誰でも国内で英語を話せるようになることは可能です。

自分の目標に向かって、コツコツと学習を積み上げていきましょう。

この記事が英語学習に取り組む方々へ何かのヒントになれば幸いです。

 

ちなみに、「自分一人ではやっぱり難しいかも…。」という方はコーチを付けることもアリです。

こちらの記事ではおすすめのコーチングサービスを紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。

初心者におすすめの英語コーチング6選【メリット・デメリットも解説】

続きを見る

最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまた!

スポンサーリンク

-英語の学び直し

© 2023 TAKA blog