オンライン英会話 英語学習 英語学習おすすめ教材

【学校での導入実績あり】中学生向けのおすすめオンライン英会話4選

2022年1月26日

こんにちは、タカヒロです。

 

中学生になった子供にオンライン英会話を使って英語に興味を持ってほしいけれど、どんなサービスが良いのだろうか…?

 

そうした疑問にお応えします!

 

我が子に「将来英語を使えるようになってほしい」と願う親御さんは多いですよね。

通学型の英会話教室も人気がありますが、最近はオンライン英会話に人気が集まっています。

中学生のうちにオンライン英会話を通して英語の楽しさに気付いて、高校・大学と英語学習を続けていけると理想的ですよね。

 

そこでこの記事では、中学生におすすめのオンライン英会話を、学校への導入実績があるサービスに厳選して紹介していきます。

この記事の内容

中学生におすすめのオンライン英会話サービス4選

 

筆者の経歴

・中高教員8年

・イギリス大学院でMA TESOL(英語教授法 修士)取得

・高校教員時に、どのサービスを学校に取り入れるか比較検討

・退職して、大学の英語講師 2年目

 

この記事を読んで、中学生のお子さんに合ったオンライン英会話を選んでいきましょう。

 

それではどうぞ。

 

【学校での導入実績あり】中学生向けのおすすめオンライン英会話4選

 

中学生におすすめのオンライン英会話サービスは以下の4社です。

 

 

学校への導入実績があるサービスのみを厳選しました。

 

なぜ学校への導入実績があるサービスなのか

英語教育がコミュニケーション力の育成へと重点が移っていることを受け、学校教育でもオンライン英会話を導入するケースが増えています。

学校の教員は様々なオンライン英会話サービスの比較検討を重ねた上で、学校へ導入しています。

実際に導入されるまでには、企画会議に掛け、その後職員会議で認められるというステップを踏む必要があります。

つまり、多くの学校で採用されている実績があるということは、多くの先生方に比較検討された上で支持されているということになります。

それだけ安心できるサービスであると言えますね。

 

それでは、それぞれの特徴を説明していきます!

 

① レアジョブ英会話

 

レアジョブはオンライン英会話業界で唯一の上場企業であり、企業での導入実績がとても多いです。

「ビジネス英語」だけではなく、「旅行・教養」「海外留学」など、学習目的に合わせてオリジナル教材でレッスンを受けることができます。

 

・TESOL(英語教授法)に基づいた研修を受けたプロ講師に教えてもらえること

・学習相談できる日本人カウンセラーがいること

などが特徴的です。

 

レアジョブ英会話を導入している教育機関

 

教育機関への導入数が300校以上あります!

聖光学院中学校高等学校(神奈川) / 三田国際学園中学校・高等学校(東京) / 上峰小学校(佐賀) / 旭川明成高等学校(北海道) / 静岡城北高等学校(静岡) / 名古屋経済大学市邨高等学校(愛知) / 相愛中学校・高等学校(大阪) / 相模女子大学(神奈川) / 摂南大学(大阪) / 長崎純心大学(長崎) / 経専北海道専門学校(北海道) / 東京大学大学院(東京) その他多数

 

高校や大学での採用が多く、安心感がありますね。

 

中学・高校生コースがある

レアジョブには中学・高校生コースがあります。

TESOLを取得したトレーナーによる中高生専用のトレーニングを受けた認定講師だけがレッスンを担当しています。

 

「Go for it!」というグローバル教材を活用し、スピーキング・リスニング・リーディング・ライティングの4技能をバランス良く伸ばしていくことに主軸を置いています。

 

オンライン英会話というとスピーキングに注力されがちですが、受験も控えている中学生にとって4技能をバランスよく鍛えられることはありがたいですね!

 

 

時間のアレンジがしやすい!

 

レアジョブは

・早朝6時~深夜1時まで利用可能

・30分前までキャンセル可能

・5分前まで予約可能

なので、時間のアレンジがしやすいです。

スキマ時間にレッスンを受けることができて、部活や他の習い事との両立をしやすいのは大きなメリットです。

 

中学・高校生コースの情報

 

中学・高校生コース情報

入学金   :¥0

月額    :¥10,780(税込)

レッスン  :毎日25分

レッスン単価:¥348(税込)

最小契約単位:一ヵ月

 

レアジョブ英会話では2回無料体験が可能です。

 

レアジョブ英会話の公式ホームページを見る

 

② kinimi英会話

 

kimini英会話は学研が提供しているオンライン英会話です。

教育に70年の歴史を持つ学研ゆえ、教材とノウハウが揃っています。

日本人に合わせてデザインされたレッスンを提供している点が特徴です。

 

目標やレベルに応じて150を越える豊富なコースが準備されています。

コースの進み具合はシステムが自動で管理し、オンラインレッスンの日時を指定して予約すれば、あとは「どの内容をいつどの順番でやればよいのか」を、システムが的確に案内してくれます。

英語の学習方法がわからない生徒でも、システムに沿って学習をするだけで「話せるようする」ことの実現を目指している、ユニークなサービスです。

 

kimini英会話を導入している教育機関

 

こちらも全国の学校で採用されています。

愛光中学・高等学校、文教大学付属中学校・高等学校、獨協中学・高等学校、英明高等学校、福岡女子商業高等学校、岐阜東中学校、東福岡高等学校、朋優学院高等学校、皇學館中学校、新田高等学校、沖学園隆徳館中学校、麗澤瑞浪中学・高等学校、西南学院中学校・高等学校、清泉女学院中学高等学校、鈴鹿中等教育学校、早稲田佐賀中学校・高等学校、その他多数

 

 

プランが5つに分かれている

 

レッスンを受ける回数でプランと料金が分かれてきます。

 

レッスンプラン

月2回プラン   :¥980  (税込¥1,078)

月4回プラン   :¥1,960 (税込¥2,156)

月8回プラン   :¥3,920 (税込¥4,312)

ウィークデイプラン:¥3,980 (税込¥4,378)

スタンダードプラン:¥5,480 (税込¥6,028)

 

¥980(税抜)と小さく始められる点が良いですね。

 

こちらもホームページから回数プランの場合は3日間、ウィークデイプランかスタンダードプランの場合は10日間の無料体験が可能です。

 

kiminiオンライン英会話の公式ホームページを見る

 

 

③ QQ English

QQ Englishは、教師が全員正社員で英語教師としてのトレーニングを受けたフィリピン人であることが特徴のサービスです。

英語を母語としない方に英語を教えるための国際資格TESOLの取得を義務付けていて、「教え方の上手いプロの先生がレッスンを提供すること」に注力しています。

 

教師の質にこだわっている点に安心感が持てますね!

 

QQ Englishを導入している教育機関

 

こちらも導入している学校は多く、300校以上の導入実績があります。

 

【大学】関西大学 / 明治大学 / 実践女子大学・短期大学 / 神戸大学 / 拓殖大学 / 千葉大学 / 東洋英和女学院大学 / 杏林大学 / 東京家政大学 / 京都工芸繊維大学 / 奈良女子大学 その他多数

【中学校・高等学校】立命館宇治中学校 / 十文字中学校 / 武蔵野東中学校 / 大宮開成中学校 / 横浜富士見丘学園中等教育学校 / ノートルダム女学院中学高等学校 / 大妻中野中学校・高等学校 / 東京立正中学校・高等学校 / 大妻嵐山中学校・高等学校 / 女子聖学院中学校高等学校 / 西大和学園中学校・高等学校 その他多数

 

講師の自宅からではなく、高速回線のオフィスからレッスンを提供しているため、安定した画像、音声でレッスンを受けられることが学校で評価されています。

 

子供向けのコースQQ kids

 

QQ EnglishにはQQkidsという子供向けのコースがあります。

QQ kidsのカリキュラムは、日本以外でも韓国・中国・タイ・ベトナム・ロシア・ブラジルなど世界のキッズが受講しているグローバル標準のカリキュラムとなっています。

 

その点ではカリキュラムが日本人向けにアレンジされたkimini英会話と対照的です。

 

QQキッズコースの情報

 

こちらもレッスン回数によって料金が異なります。

 

QQキッズコースの情報

月4回コース  :¥2,680(税込)

月8回コース  :¥4,380(税込)

月16回コース :¥7,348(税込) 一番人気!

月30回コース :¥10,648(税込)

 

スモールステップで回数を増やしていけることがありがたいですね。

自分のペースに合わせて、無理なく英会話に取り組むことができます。

無料体験は25分レッスンが2回受けられます。

 

QQEnglishの公式ホームページを見る

 

 

④ DMM英会話

 

最後は英会話サービス大手のDMM英会話です。

DMM英会話は、世界120ヵ国、10,000人以上の講師がいることが特徴的です。

 

これまで紹介した3つのサービスはフィリピン人講師によるレッスンとなりますが、DMM英会話では自分で講師の国籍を選べることが利点です。

「さまざまな文化を持った講師の中から気の合う講師を見つけて英語を話す楽しさを知ってほしい」

そうした想いをお持ちの親御さんにはぴったりの英会話サービスとなります。

 

DMM英会話を導入している教育機関

 

学校への導入実績も申し分ありません!

 

茨城高等学校・中学校、浦和麗明高等学校、東海大学、法政大学、北里大学、九州産業高等学校、相模女子大学、実践女子大学、山本学園高等学校、成蹊大学、神奈川学園中学・高等学校、松陰中学校・高等学校、駒込高等学校、麗澤大学、専修大学松戸中学校、向上高等学校、その他多数

 

 

DMM英会話のコース

 

DMM英会話には中高生用のコースはなく、一般と同じ料金になります。

 

スタンダードプラン

『1日1レッスン計25分プラン』 月額: 6,480円(1レッスン料金:209円)

『1日2レッスン計50分プラン』 月額:10,780円(1レッスン料金:174円)

『1日3レッスン計75分プラン』 月額:15,180円(1レッスン料金:163円)

 

プラスネイティブプラン

『1日1レッスン計25分プラン』 月額:15,800円(1レッスン料金:510円)

『1日2レッスン計50分プラン』 月額:31,200円(1レッスン料金:503円)

『1日3レッスン計75分プラン』 月額:45,100円(1レッスン料金:485円)

 

プラスネイティブプランにすることで、アメリカ、イギリス、カナダなどの英語ネイティブ講師や日本人講師とのレッスンが可能になります。

 

DMM英会話は多くの大人も利用しているサービスですが、【子供対応可】の表記がある講師を選ぶことができます。

 

またDMM英会話に入会すると、英語学習用のアプリ「iKnow!」を無料で使えるようになります。

アプリを利用して、スキマ時間にゲーム感覚で英語学習を進められるのも、中学生にとってはDMM英会話を使うメリットになります。

 

DMM英会話も25分レッスンが2回無料体験できます。

 

DMM英会話の公式ホームページを見る

 

まとめ:オンライン英会話でアウトプットする機会を作ろう!

 

この記事では、中学生におすすめのオンライン英会話4社を紹介してきました。

 

どのサービスも学校での導入実績がありおすすめですが、

「厳選された講師と教材でコツコツと学習したい」

→ レアジョブ英会話

「信頼の学研が日本人向けにアレンジしたカリキュラムで学習したい」

→ 学研のkiminiオンライン英会話

「TESOL持ちの講師からグローバル標準のカリキュラムで学習したい」

→ QQ English

「多国籍の講師から楽しく学習したい」

→ DMM英会話

 

といったように目的別に選ぶことがおすすめです。

 

残念ながら、学校の授業だけでは英語をアウトプットする機会は十分ではありません。

オンライン英会話では他国の講師とのマンツーマンレッスンが受けられ、学校で学んだことをアウトプットする場として活躍します。

うまくオンライン英会話を活用しながら、英語を臆することなく話せる力を手に入れましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

【この記事で紹介したサービス】

スポンサーリンク

-オンライン英会話, 英語学習, 英語学習おすすめ教材

© 2022 TAKA blog