Bright 英語教育

【日本発⇒世界で活躍する人材】を目指して、英語教育とイギリスをこよなく愛する高校教師が、英語教育、英語学習、イギリス留学関係、その他諸々を書き綴っていくブログです。日本のbrightな英語教育を思い描きながら…。

【中学英文法 総復習】 第2回 基本的な助動詞5つの意味とよく使う日常表現を抑えよう!

f:id:ToyT810:20191013075224j:plain

 

【中学英文法 総復習】 第2回です!

この夏を契機に、「英文法を復習していきたい」という方も多いのではないでしょうか?

そこで、

・ざっくりと中学英文法の基礎を総復習したい

・中学英文法をしっかり理解できているのか確認したい

・これだけ抑えていけば、英語を話すベースが出来るというものが欲しい

・3分で読めるような記事で、無料で復習したい

 

このような方に向けて、本当に必要な中学英文法をギュギュっと凝縮して【全15回】(の予定)でお伝えしていきたいと思っています。

 

第2回の今回は、基本的な助動詞5つの意味と、よく使う日常表現について確認していきましょう。

 

 

この記事の目標

基本的な助動詞5つの意味とよく使う日常表現を抑えよう!

この記事で分かるようになる問題

 

Q1、He (      )(       ) both English and French!
   「彼は英語もフランス語も話すことができるのよ。」


Q2、Do I (      )(     ) do it now?
   「今それをしなきゃいけないの?」

 

それでは見ていきましょう!

 

助動詞とは何者!?

第1回では、動詞の種類について確認をしました。

英文を作る上で動詞は欠かせません。

しかし、「動詞」単体だと、swimは「泳ぐ」、speakは「話す」というように、その動作を表す意味しか出せません。


そこで、助動詞とセットで使うことで、

「話す」→「話すことができる」、「する」→「しなければならない

のように、動詞に様々な意味を加えて表現することが出来ます。

助動詞を使うことで、一気に表現の幅が広がりますね!

助動詞の基本

  形:主語+助動詞動詞の原形

 

まず、助動詞と動詞は必ずセットで使います。

動詞の意味を助けるのが助動詞です。動詞の隣にいないと助けられません。

 

また、主語が何であろうが、動詞は原形になります。

原形とは、sやedなどが付いていない元の形のことです。

 

疑問文、否定文にしたいときはbe動詞のルールになります。

be動詞のルールって何?という方は第1回のこちらの記事をどうぞ。

 

www.bright-english-edu.com

 

EX) He can play tennis.            (肯定文)

  Can he play tennis?                  (疑問文)

 He can not (can't) play tennis.    (否定文)


疑問文にする場合は助動詞を先頭に出し、否定文にする場合は助動詞の後ろにnotを置きます。

 

基本的な助動詞5つの意味

次に、基本的な助動詞の5種類について抑えましょう。

どんな助動詞があり、どんな意味が付け加えられるのでしょうか。

①  will                ~するつもりだ、 ~だろう

②     can                  ~できる、 ~かもしれない

③  may                ~かもしれない、 ~してもよい

④ must 、have to    ~しなければならない

⑤    should             ~すべきだ


とりあえずこの5種類を使いこなせるようにしましょう。

他にもありますが、この5種類を知っていれば何とかなることが多いです。


EX)It may rain tomorrow.          「明日は雨が降るかもしれない。」

EX)  You should watch "weathering with you". 「天気の子は見るべきだよ。」

 

must とhave toは日本語にすると同じ「~しなければならない」ですが、mustの方が強制力が強いとされています。

You must study. は「勉強しなさい」のように命令に近いニュアンスなのに対し、

You have to study.は「勉強しないといけないね」くらいの客観的にアドバイスをしているニュアンスです。

 

助動詞を使った日常表現

最後に、使用頻度の高い、知っておくと便利な日常表現を抑えていきましょう。

① Can I ~ ?= May I ~ ? : 「~してもよいですか? 」

② Shall I ~?       : 「(私が)~しましょうか?」

③ Shall we ~? = Let’s ~ :「(一緒に)~しましょうか?」

④ Will you ~? = Please ~ :「~してくれませんか? 」

⑤    mustn’t~                    : 「 ~してはいけない 」

⑥    don’t have to~          : 「 ~する必要はない 」

③④の書き換えなどは、高校入試でよく問われるポイントでもあります。

Ex) Will you open the window?  = (  Please  )  open the window. 

このように両方、ほぼ同じ意味として表現することができます。

 

なお、友達同士や、先生が生徒にお願いする場合はWill you ~?/ Pleaseで良いですが、ビジネスシーンや、目上の人に対してお願いする場合はCould you ~?/ Would you ~?「~してくださいませんか?」というより丁寧な表現を使いましょう。

 

( 余談ですが、私の県では昨年度の県立高校入試で、Let's (             )となっていて、startを埋めるという問題が出ました。

Let'sの後ろは動詞の原形が続くので、startが正解なのですが、採点していると、ちらほらstartingと解答した生徒がいました。

これはひょっとしたら、テレビでリンゴちゃんが「レッツ、スターティン☆」と言っていた影響なのでは・・・!?  )

 

また、⑤⑥に関しては特に注意が必要です。

mustとhave toは否定文にするとあからさまに意味が変わります。

mustn'tは「~してはいけない」という禁止を表しますが、don't have toは「~しなくてもない」という不必要の意味です。

伝わり方が全く異なりますので、注意してください。

なお、have toに関しては疑問文「Do (Does)  主語 have to~?」、否定文 「don’t (doesn't) have to ~」と、一般動詞のルールとなります。

EX) You must not go there now.   「今そこに行っちゃだめだよ。」

      You don't have to go there now. 「今そこに行く必要はないよ。」

 

高校入試に関しては①~⑥の表現を抑えておけばOKです。

 

確認問題

それでは初めの問題の確認です。

Q1、He (      )(       ) both English and French!
   「彼は英語もフランス語も話すことができるのよ。」

Q2、Do I (      )(     ) do it now?
   「今それをしなきゃいけないの?」

 

Q1、He (   can   )(  speak  ) both English and French!
   「彼は英語もフランス語も話すことが出来るのよ。」

Q2、Do I (  have  )(  to  ) do it now?
   「今それをしなきゃいけないの?」


【今回のポイント使った一言フレーズ】

Can I have a Medium Latte, please. 「Mサイズのラテをお願いします。」

だいたいカフェやレストランで注文する際は「Can I have ~ 」(~もらえますか?)でいけますよ!

 

助動詞が使えるようになるだけで、動詞の意味合いをバリエーション多く表現できるようになります。まずは基本的な助動詞5つの意味とよく使う日常表現を抑えて、徐々に細かいニュアンスの違いを学んでいくことがおすすめです!

次回は文型についてです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ポチっとしていただけると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 ではまた!