Bright 英語教育

【日本発⇒世界で活躍する人材】を目指して、英語教育とイギリスをこよなく愛する高校教師が、英語教育、英語学習、イギリス留学関係、その他諸々を書き綴っていくブログです。日本のbrightな英語教育を思い描きながら…。

【中学英文法 総復習】  第8回 動名詞と不定詞(名詞的用法)の違いを理解しよう!

f:id:ToyT810:20191013073131j:plain

 【中学英文法 総復習】第8回です!

・ざっくりと中学英文法の基礎を総復習したい

・中学英文法をしっかり理解できているのか確認したい

・これだけ抑えていけば、英語を話すベースが出来るというものが欲しい

・3分で読めるような記事で、無料で復習したい

このような方に向けて、本当に必要な中学英文法をギュギュっと凝縮して【全15回】(の予定)でお伝えしていきたいと思っています。

 

 今回のテーマは動名詞です。

不定詞の名詞的用法を使って「~することが好き」という表現が出来るのでした。

今回でもう一つ表現のパターンを増やすことが出来ます。

それが動詞の~ing形で、「~すること」と訳す動名詞というものです。

また動名詞は、不定詞の名詞的用法との違いが良く問われることになります。

では早速、動名詞のポイントを見ていきましょう。

 

この記事の目標

動名詞を理解して、「~することが好き」と言えるようにする。

動名詞と不定詞(名詞的用法)との違いを理解する。

 

この記事で分かる問題

 Q1,  I like to read comic books.

    ≒  I like (                      ) comic books.

         「私はマンガを読むことが好きだ。」

   Q2,   I'll never forget talking with you.

  「                     」

   Q3, I am looking forward to (                            ) from you.

                「ご連絡お待ちしております。」

動名詞の基本

まずは形と意味から抑えましょう。

 形:動詞の( ing形 )   意味:「 ~すること  」

 

不定詞の名詞的用法と同じように、名詞のカタマリを作る意識を持ちましょう。

 

EX1)  Playing the guitar is very difficult.

   「  ギターを弾くことはとても難しい。  」

EX2) My hobby is listening to music.

   「  私の趣味は音楽を聞くことだ。    」

EX3) We enjoyed singing the songs.

   「  私たちは歌を歌うことを楽しんだ。  」

 

例のように、動名詞で始まる名詞のカタマリ(~すること)は、主語になったり、補語になったり、目的語になったりと、文のいろいろな場所で使われます。

 

不定詞の名詞的用法との違い

不定詞の名詞的用法との共通点が多いですが、不定詞の名詞的用法と違う部分に注意しましょう!

 

ex) 〇 I like to play tennis.     ✖ I enjoy to play tennis.

   〇 I like playing tennis.     〇 I enjoy playing tennis.

 

このように、動詞の種類によって、不定詞/動名詞どちらでも良い、後ろに動名詞しかとれない、不定詞しか後ろにとれない、と変わってきます。

いくつか代表例を見ておきましょう。

 

 ①後ろに動名詞しかとれない動詞

   enjoy ~ing、 finish ~ing、 stop ~ing

 ②後ろに不定詞しかとれない動詞

   want to~ 、 hope to~ 、 decide to~

なぜこのように分けられるのか、どのような規則性があるのかというと、

動名詞には「(すでに)~していること」

不定詞には「(これから)~すること」

という意味合いが入っています。

finish studyingであれば、「(すでに勉強していて、)勉強することを終える」

want to go であれば「(まだ行っていないけど、)行ってみたい」

という意味合いになります。

動名詞は現在・過去にリンク、不定詞は未来にリンクと覚えておくと良いと思います。

 

そのため、動名詞か不定詞かで意味が異なる動詞があります。

 

forget ~ing 「~したことを忘れる」   try ~ing 「試しに~してみる」

forget to~  「~することを忘れる」   try to~    「~しようと試みる」

remember ~ing 「~したことを覚えている」

remember to~  「~することを覚えている」

 

次の日本語訳はどうなるでしょうか?

a )  I'll never forget talking with you.

b ) Don't forget to return the book by Friday.

 

 

正解は

a ) 「あなたと話したことは決して忘れないわ。」

b )「金曜日までにその本を返すことを忘れないで。」

となります。

a )は「(すでに)話したこと」を忘れない、

b )は「(これから)返すこと」を忘れない、

という意味になるわけですね。

 

動名詞を使った表現

最後に、動名詞を使った表現をまとめて覚えましょう。

be good at ~ing       「~することが得意だ」  

without ~ing               「~することなしに」

look forward to ~ing 「~することを楽しみにしている」

feel like ~ing              「~したい気がする」

How about ~ing        「~するのはどうですか?」

 

ex) He is good at taking photos.

 「彼は写真を撮るのが得意だ。」

ex) He went out of room without saying a word.

 「彼は一言も言わずに部屋を出ていった。」

ex) I am looking forward to hearing from you.

 「ご連絡お待ちしております。」

ex) I feel like staying home today.

 「今日は家にいたい気分。:

ex) How about going out for lunch?

 「お昼ご飯、出掛けない?」

 

特に、look forward to ~ing に関しては、~ingの直前がtoなので、原形にしてしまいがちです。このtoは不定詞ではなく、前置詞なので注意しましょう!

 

確認問題

確認です。

 Q1,  I like to read comic books.

    ≒  I like (                      ) comic books.

         「私はマンガを読むことが好きだ。」

   Q2,   I'll never forget talking with you.

  「                                                                        」

   Q3, I am looking forward to (                     ) from you.

                「ご連絡お待ちしております。」

 

 Q1, I like to read comic books.

   ≒ I like ( reading    ) comic books.

   Q2, I'll never forget talking with you.

 「  あなたと話したことは決して忘れないわ。 」

   Q3, I am looking forward to (     hearing     ) from you.

    「  ご連絡お待ちしております。」

 

いかがでしたでしょうか?

動名詞は一度理解すればそれほど複雑ではないので、是非得意分野にしていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

次回は比較のまとめです。ではまた!